投稿日:

通信量上限がゆるい

スマートフォンでインターネットをかなり使用するという人は経験があるかと思いますが、月末が近くなるとパケット容量の上限に近いとか、通信量制限にかかるというメッセージを受け取ることがあります。
携帯電話会社の通信網を利用する場合、個人個人の契約に通信量の上限が設けられています。契約によって3Gとか7Gなどがあるのですが、この通信量の上限に達してしまうと、速度制限となってしまうのです。

そうすると画像などがコマ送り状態となってしまったり、ゲームなどで来たものではありません。月が明けるまで動画サイトやゲームなどを通常通り利用できなくなってしまうのです。
これはインターネットのハードユーザーにとって、ストレスの何物でもないでしょう。仕事で動画をチェックしなければならないという方もいるでしょうから、やはり速度制限、上限があるというのは非常にストレスです。

Wi-Fi、無線LANの場合、スマートフォンに比べて通信制限が緩和されています。一定期間内に決められたデータ容量を超える通信を行った場合に速度制限がかかりますが、一定時間をおくと解除される仕組みになっています。
完全にデータ通信の容量が無制限ということはありませんが、携帯キャリアの通信制限に比べWi-Fiは比較的快適なインターネット環境だといえるでしょう。